総合・社会

2018.05.24

ソーラーアセットマネジメントアジア 都内で開催

太陽光発電所の管理・保守と資産運用に関する国際セミナー、ソーラーアセットマネジメントアジアが、5月24日と25日の両日、東京都内で開催された。このセミナーは2015年に初めて開催され、今回は4回目となる。

各国の太陽光発電業界関係者や投資家など250名以上が参加し、スポンサーやパートナー企業は30社にのぼった。セミナーでは26 の講演や意見交換会が催され、50名以上が登壇した。

セミナーの合間には、参加者の交流を深めるため、ネットワーキングブレークが数回行われた。

主催者であるオランダのソーラープラザは、世界各国で太陽光関連の国際イベントを行う組織である。イベントについてマルセル・ランゴーンプロジェクトマネージャーは、「セミナーは着実に発展してきた。太陽光発電所オーナーは管理・保守や資産運用がキャッシフローの安定化に寄与すると理解してきている」とし、「このイベントは世界と地域の業界関係者を結び付け、知見を共有できる点でユニークであり、ネットワーキングブレークも実に重要だ」と語った。

ソーラープラザは10月にも、メキシコとイタリアでのソーラーアセットマネジメントの開催を予定している。

ユーザーアンケート

Question
太陽光発電設備を所有している方に質問です。発電設備の管理・保守や資産運用についてセミナー等で勉強したいと感じますか?

オーナーズコメント

まだコメントは投稿されていません。

share

share

特番・連載

あの人もスマエネオーナー

誰もが知るあの著名人も、実はスマートエネルギーの設備を持っていた。

スマエネ世界紀行

スマエネは、海を渡り、大陸を越えた。世界各地のスマエネ事情を追う。

スマエネで農業が変わる

衰退の危機に直面している日本の農業に一条の光明が差し込む。

ソーラーモビリティ

太陽光電力を動力に使って、CO₂排出ゼロ、燃費ゼロを実現!